静岡県浜松市の塗装,塗り替え,外壁,屋根,内装,防水は、株式会社大翔サービスへ。

京都府在住オーナー浜松市南区頭陀時町S様邸借家工事レポート

画像をクリックすると、より大きな画像で内容を確認することができます。

4日目は、屋根の鉄製笠木さび止め工事

最初に、たわし見たいな形の工具でゴシゴシとケレン(研磨)をして旧塗膜に細かい傷をつけて密着性を高めます。


この工程を、しっかりとやっておかないと、塗膜の剥がれの原因に

なりますのでしっかりと隅々まで丁寧に研磨します。

どんだけ高級な塗料を使っても研磨作業をしっかりと行わないと数年で絶対に剥がれます!

エポキシさび止め作業

刷毛を使い塗装していきます。

サビ止めの中でも最高ランクのエポキシ系のサビ止めをたっぷりとムラなく塗装します。


屋根の縁切り材タスペーサー差し込み

切り材のタスペサーを屋根の継ぎ目に一枚一枚(約 700枚程)差し込みます。

※1.タスペサーを入れないとせっかく塗装しても屋根の継ぎ目に塗料の縁切りが出来ていない為、

水の逃げ場が無くなり雨漏りの原因なります。

屋根塗装工事では絶対にやらなければいけない塗料の縁切り材のタスペーサー

(※1)と呼ばれる雨漏り防止の器具をいまだに知らない業者が多いです… (知識不足の業者は本当に困ります)