静岡県浜松市の塗装,塗り替え,外壁,屋根,内装,防水は、株式会社大翔サービスへ。

浜松市南区新貝町U様邸・外壁塗装工事レポート

画像をクリックすると、より大きな画像で内容を確認することができます。

9日目は、1階タイル調・外壁2層目 目地色上塗り1回目

目地色上塗り1回目の続きで東面・北面・西面
当然ですが、こんなに狭い所も覗き込んで、塗り残しがないようにしっかりと塗装していきます。

外壁とブロックの間が約50㎝位しかありません!大変な作業でした。

給湯器の裏側


ローラーと刷毛でタレやムラが無い様に慎重に塗装します。

外せる所はすべて外します。

ここまでするのは、浜松では大翔サービスだけじゃないですかねぇ(笑)

何で?わざわざ外すのぉ!?

機材の裏側が塗装されていなかったら・・・

交換した時・撤去した時そこだけ塗装していないとカッコ悪いし・・・

旧部品と同じサイズならいいですけど

わざわざそこだけ塗装しなきゃいけない・・・

当然、お客様は悩みます。

でも、大翔サービスは!!

将来、故障・破損や部品交換・撤去したりしても、塗装してあれば機材のサイズが変わっても大丈夫様にとの思いで・・・

外して塗装して、最後に復旧します!

横帯クラック補修その4

2回目のエポキシパテの研磨

研磨後

3回目のエポキシパテ

横帯の下の隙間

目地1回上塗りが、塗り終わり下から見上げると、横帯と外壁のすきま発見!!

塗装後は、影ができてすきまが目立ち塗れてないように見えます。

ここも、ぐるぐると「すきま担当ヤマちゃん」が指でスーパーホルダーGを全てのすきまに埋めていきます。

U様邸の全部のすきまをヤマちゃん刷毛や指で埋めました。

ヤマちゃん(山田将人君)お疲れ様!!ヤマちゃんのおかげで最高の仕上がりになるよぉ!!

ヤマちゃん指、大丈夫??(笑)

1階タイル調・外壁3層目 目地色上塗り2回目

施工前の目地の色              水性2液エポキシシーラー下塗り施工後

水性2液エポキシシーラーを塗ると光沢がでて見本板より目地が濃くなりました。

見本板は、施工前の目地色に合わせたため薄い色で作成しましたが、目地色の1回目を塗り終わってから

もっと濃い目地のほうが、いいんじゃないかなぁと思いU様に、昨夜電話で提案してみました。

岩谷「目地の仕上げは1回目の色より少し濃い仕上げになりますが、エポキシシーラー施工後の

色よりも薄めになりますどうしますかぁ?今ならまだ2回目の目地色を濃く出来ますよぉ」

U様「そうなんだぁ」

岩谷「たぶん濃いめのほうがかっこいいと思います」

U様「明日の朝、確認して決めるよ」

岩谷「よろしくお願いします」

今朝、「おはようございます!今日もよろしくお願いします」「目地の色どうしますか?」

奥様「そうだねぇ!濃いほうがいいねぇ」

岩谷「分りました エポキシシーラー塗って目地の色が濃くなった感じの色で塗ります」

実は、昨日どっちになってもいい様に、ファインシリコンフレッシュの黒を材料屋さんに頼んどきました。

頼んどいてよかった!

黒を多めに入れていき濃くします

「調色の達人のコバちゃんが」念入りに混ぜます。

実際に塗ってみて奥様に確認してもらい

OKをもらいました。
目地色上塗り1回目の乾燥を確認してから

目地色上塗り2回目の塗装していきます。


最近、太り気味のコバちゃんが少し苦しそうですが一生懸命、狭い所を塗り残しが無い様に塗装しています。

1回目の上塗りと比べると、だいぶ濃くなりました。

一般的な塗装屋さんならこれで完成

でも大翔サービスは・・・それは・・・秘密です(笑)明日分かります!楽しみにしていてください!