静岡県浜松市の塗装,塗り替え,外壁,屋根,内装,防水は、株式会社大翔サービスへ。

浜松市南区渡瀬町H様邸・塗装工事レポート

21日目は、デザイン石メジ上塗り塗装工事

デザイン石を汚さない様に注意しながら、細い筆で塗ります。


その2


その3


水切り塗装

弱いシンナーで脱脂し、油分を除去します。

油分があると、塗料が弾いてしまい塗装が出来ません。


次に、サンドペーパーでゴシゴシとケレン(研磨)をして旧塗膜に細かい傷をつけて密着性を高めます。

この工程を、しっかりとやっておかないと、塗膜の剥がれの原因に

なりますのでしっかりと隅々まで丁寧に研磨します。

どんだけ高級な塗料を使っても研磨作業をしっかりと行わないと数年で絶対に剥がれます!

上塗り1回目の2液ファインウレタンを塗ります。


周辺を汚さないように、注意しながら仕上げていきます。

その2


1回目作業後

ピントが合っていなくてごめんなさい・・・・


新設鉄製破風板取り付け作業

板金屋さんに、オーダーメイドで製作してもらい


取り付け作業


瓦と破風板の透き間が、狭くて、差し込むのに苦戦してました・・・

ステンレス製のビスを打ち込み完成です。

横のトイを、一時的に外してから

新設破風板を差込、横トイを復旧します。


今日はここまで!

浜松市南区渡瀬町H様邸・塗装工事レポート

20日目は、デザイン石メジ下塗り塗装工事

メジまで石調で仕上げてしまうと・・・・

くどくなると思い、デザイン石は別物として仕上げたほうが

より一層高級感がでます。

エポキシ系下塗りで、旧塗膜を強化させます。

デザイン石を汚さない様に注意しながら、細い筆で塗ります。

作業後

その2

その3

木製窓塗装

最初に、サンドペーパーでゴシゴシとケレン(研磨)をして旧塗膜に細かい傷をつけて密着性を高めます。

この工程を、しっかりとやっておかないと、塗膜の剥がれの原因に

なりますのでしっかりと隅々まで丁寧に研磨します。

どんだけ高級な塗料を使っても研磨作業をしっかりと行わないと数年で絶対に剥がれます!

上塗り1回目の2液ファインウレタンを塗ります。

その2

1回目作業後

吸い込みが激しくムラになってます。

木部窓2回目

まだ、納得が出来ません!

木部窓3回目

その2

木部窓3回目作業後

完璧です!艶は、抑え目の3分艶で仕上げ


1ポイントアドバイス!

2液ファインウレタンは、硬化剤を変える事により、弾性硬化剤を使えば弾性塗料になったり、

通常の硬化剤を使えば非弾性塗料に変えることが出来る優れた塗料です。

木部は、湿気の多い時期は膨らみ、乾燥する時期は縮んだりします。

非弾性塗料で仕上げると木部の動きに付いて行く事が出来ず剥がれしまう事があります。

天井パテ補修

養生撤去作業

床の養生を外します。

その2



浜松市南区渡瀬町H様邸・塗装工事レポート

19日目は、付帯部塗装工事

大工工事

HPにアップするの忘れてました・・・

ごめんなさい!

赤の矢印の木枠を撤去します。

黒の矢印の所は・・・・後のお楽しみ!


撤去作業中

撤去後


その2

ネジ穴・エポキシパテ作業

新設木枠作業

既存は塗り壁仕上げででしたが

今回は、オイルステイン仕上げますので

大きく厚い木枠を着けました。

大工工事その2

H様に、玄関横・小窓の周りを木製枠で仕上げましょうとご提案させていただきました。

木製枠裏側、オイルステイン塗装作業中

ガラス面に設置するので、お家の中から裏側が見るので

しっかり裏側も塗装します。

裏側作業後

木製枠取り付け作業

取り付け部分に、ウレタンボンドをたっぷりと塗り

木製枠を、はめ込み

透き間が出来ない様に、押さえ

縫い針位のクギを、複数個所打ち込み

最後に、表面をサンドペーパーで削り

その2

完了です。

大工作業その3

今回ガレージの中は、施工しないので

矢印の所の、取り合いが難しく・・・悩み

コーキング→塗装で仕上げてもおかしくないのですが・・・

何か、私自身しっくりとこないので・・・

ガレージの取り合い箇所を木製の胴縁を貼り付けちゃいました。


仕上がりは・・・お楽しみ!

オイルステイン作業

木部を防虫・防カビのオイルステインで仕上げます。

その2

その3

オイルステインを3回塗り

玄関ドア

サンドペーパーで研磨

オイルステイン作業


こちらも同じく、3回塗りました。

完成!

お洒落に仕上がりました!

玄関横の小窓!カッコ良くないですか?

木枠を入れて正解でした!

奥様も絶賛でした!!



浜松市南区渡瀬町H様邸・塗装工事レポート

18日目は、付帯部塗装工事

6層目2回目の水性アクリルシリコンクリヤー吹き付け

作業後


その2


その3


雨トイ塗装作業

最初に、サンドペーパーでゴシゴシとケレン(研磨)をして素地に細かい傷をつけて密着性を高めます。


この工程を、しっかりとやっておかないと、塗膜の剥がれの原因に

なりますのでしっかりと隅々まで丁寧に研磨します。

どんだけ高級な塗料を使っても研磨作業をしっかりと行わないと数年で絶対に剥がれます!

雨トイ・破風板1層目上塗り1回目

使用材料

2液ファインウレタンを塗ります。

縦トイも

仕上がっている外壁を汚さないように気をつけて塗装していきます。


綺麗になっていきます!

破風板!

破風板は、新設で板金で仕上げるのですが、素地を強化する為に塗装してます。


1層目上塗り1回目完了

その2


その3


チョコ色が入るとお家全体が締まります!

雨トイ・2層目上塗り2回目

塗り残しが無いように注意しながら刷毛で塗装します。


その2


雨トイ完成!

その2

2回塗り、輝きが違います!

今日は、ここまで!

 

浜松市南区渡瀬町H様邸・塗装工事レポート

17日目は、水性アクリルシリコンクリヤー・1回目上吹き付け

4層目微弾性シリコン多彩天然石調ベース吹き付け

作業後


その1


その2


その3


5層目水性アクリルシリコンクリヤー・1回目上吹き付け

エアーレスで吹き付けていきます。

上吹きも吹きムラにならない様に気をつけて作業します。


その2


その3

水性アクリルシリコンクリヤー・1回目作業後

その2

その3

水性アクリルシリコンクリヤー・2回目作業

お昼休憩後、しっかり乾燥を確認して

2回目の水性アクリルシリコンクリヤーを吹き付けます。

その2

その3

拡大画像

クリアーを入れる事により、色合いが深まります。

窓、養生外し作業

やっと、養生が外すことができます。

長い間、H様すみませんでした。


今日は、ここまで!